にんにく卵黄を飲み始めたブログ にんにく卵黄を飲み始めたブログ

にんにく卵黄と睡眠について

10.27.2014 · Posted in

にんにくの効能は大変昔から注目されおり、世界最古のサプリメントとも呼ばれています。

抗菌作用があり、疲労回復や体力増強にもとても効果がありますの健康維持のために大変多くの人に利用されています。

しかしながら、にんにくの効能を認めるもののにんにくの強烈なにおいを敬遠するゆえににんにくを普段の生活に取り入れることができないと感じておられる方もおられます。

そこで注目されているのがにんにくのにおいを気にすることなく取り入れることができるにんにく卵黄です。

このにんにく卵黄がとりわけ注目されるようになっているその理由の一つとなるのは鎮静作用や心地よい眠りや疲労回復作用があるという点です。

にんにくに含まれている亜鉛とアリアチミンは、脳の中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があり、そのことによって精神を安定させて、神経過敏、不眠、ストレスを緩和させていくことができます。

またアリシンは資質と結合することによって資質アリシンとなり、これはビタミンEと同じ働きをします。

これは、血管内の老廃物を取り除き血流をスムーズにさせる働きをしますし、血管の新陳代謝を促す働きもあります。

ですから、この神経を沈静化させる働きと血行を良くするこの働きがよりよい睡眠を得ることができるように助けるものとなります。

それで、質の良い睡眠を十分に取り、疲労回復をさせるためにもにんにく卵黄は大変おすすめであるといえます。

にんにく卵黄にも様々な種類があるのでよく比較検討することがおすすめであるといえます。

にんにく卵黄の飲み合わせに制限はあるのか

10.24.2014 · Posted in

栄養を手軽に補給できるとして人気のサプリメントですが、数あるサプリメントの中でも多くの方に愛用されているのがにんにく卵黄です。

にんにく卵黄はどういった効果に期待できるのかと言いますと、まず配合成分であるアリシンの作用による血管拡張及び血流改善が挙げられます。
血流を改善する事によって冷え症や便秘解消、腰痛、肩こり改善などに期待する事ができます。

他にも血液をサラサラにする効果や細胞の若返り、体質の改善作用などもあると言われていますので、健康面へのサポートとして打って付けの存在となっています。

にんにく卵黄という名称ですのでニオイが気になりそうというイメージを持たれる事もありますが、殆どのニオイは無いと言われていますので安心して利用する事ができます。

さらには成分が濃縮されていますので、少量でも高い効果に期待する事ができるのです。

とても魅力的なにんにく卵黄ですが、利用する際には飲み合わせに配慮する必要があるのか気になるものです。

基本的には飲み合わせに制限はないと言われています。

そもそもにんにく卵黄は医薬品ではありませんし、食品になりますので安心です。
その為、お薬などを飲んでいる場合や妊娠中という方でも召し上がる事ができます。

ただ、妊娠中はとてもデリケートになりますので、体調不良を感じた時には速やかに医師に相談した方が安心と言えます。

また、お薬との飲み合わせが不安な場合も事前に確認しておいた方が安心です。

にんにく卵黄の飲み過ぎには注意が必要

10.07.2014 · Posted in

にんにく卵黄は1日に2粒までしか飲んではいけません。

粒が小さいのに2粒までと定められているにはそれなりの理由があります。

健康食品は特別に栄養を補う為に作られた物です。

つまり、食材を使用した料理を食べるよりも多くの栄養素を摂取する事ができます。

これは裏を返せば簡単に栄養過多に陥ってしまう危険性があるという事です。

どんなに身体に良いとされている食べ物でも、食べ過ぎや飲み過ぎは全くの逆効果です。それが原因で重大な病気にかかってしまう事もあります。

にんにく卵黄も例外ではありません。2粒食べるだけで身体が元気になり、身体の機能が活発になるという事はかなりの栄養素を含んでいます。

にんにく卵黄を食べ過ぎると、お腹が緩くなります。

これは身体機能が活発化しすぎてしまい、身体の機能が追いついていないという事になります。

飲み過ぎでなかったとしてもお腹が弱い人は空腹時にはあまり飲まない方がいいです。

空腹であればにんにく卵黄が直接胃の粘膜に吸収されて早期に効果を発揮しますが、胃そのものにダメージを与えてしまう可能性もあります。

また、寝る前に飲んでしまうと身体が活発になることによって寝付けなくなる場合があります。

出来るだけ朝か昼に飲む事が大切です。

また、にんにくを含んでいるという事は、おならが臭くなる場合があります。

同時にお腹が緩くなれば会社勤めであれば大変なので、少し控えめに摂取する事が大切になってきます。

にんにく卵黄のにおいは心配しなくてもよいのか

10.06.2014 · Posted in

にんにく卵黄の効果はとても素晴らしいものの、そのにおいはどうなのだろうと心配されておられる方は少なくありません。

やはり、においが強いと、その後の仕事や様々な予定に支障をもたらすものとなってしまう可能性があるからです。

多くのにんにく卵黄についてはにおいの対策が施されていますので心配の必要はありません。

では、にんにくはどうしてにおうのかその理由については、にんにくの中にアリインという物質とアリナーゼという酵素がありますが、これらがにんにくを切ったりつぶしたりするときにこれらが混ざり合うことによってこの強烈な匂いが生じることになります。

その刺激が強烈であると同時に殺菌や抗菌作用も強力なものですので、疲労回復や、殺菌効果など健康効果を発揮してくれます。

にんにく卵黄の加工の際には様々な匂いを感じさせない工夫がなされています。

カプセルにする際にもタンパク質やゼラチンでコーティングしたり、ゆっくりとけるような工夫をするなど研究されよく考えられています。

さらにはにんにくを熟成させて黒にんにくにすることによってにおいを少なくする取り組みもなされています。

においを特に気になさる方におすすめなのがカプセルタイプのにんにく卵黄です。

飲んだ後も、持ち運びにおいても匂い漏れすることはありませんので、安心です。

しかし粉末タイプは匂いが心配な時には控える必要があります。

匂いの気にならないにんにく卵黄は健康維持に大変おすすめであるといえます。

にんにく卵黄に鉄分が加わりました

10.06.2014 · Posted in

やずやの雪待にんにく卵黄プレミアムには、鉄分がプラスされています。

追加された理由は、普段の食生活の中でも特に不足しがちな成分だからです。

納豆やレバー、ほうれん草など、摂取できる食べ物は沢山あります。

しかし、必要な分を摂取するためにはそれだけ多く食べなければいけないのです。

ちなみに日本人女性の1日に必要な鉄分は10.5から11.0㎎と言われています。

これを先に挙げた食品で摂取するとなった場合、納豆は7パック、レバーは豚なら85グラム、ほうれん草の場合は550gを摂取しなければいけません。

しかも、その量を摂取できたからといって、含まれている鉄分すべてが体に吸収されるという保証もありません。

鉄分は摂取するのが大変なら、吸収されにくいのも特徴ですし、また常に体内に留まることはなく、汗などと一緒に体外へ出てしまうなど、維持することも困難な成分なのです。

それでいて、鉄分は血液中のヘモグロビンと結合して酸素を全身に届ける働きや、酸素を蓄えておく効果があるなど、人体に欠かせない成分です。

食べ物の量という懸念があっても、摂取しなければいけない成分と言えるでしょう。

そこでやずやはにんにく卵黄に鉄分を取り入れることにしたのです。

従来のにんにく卵黄には含まれていませんでしたが、これにより鉄分の摂取も容易になりました。

にんにく卵黄は1回につきカプセル2錠の摂取で良いので、その分好きな食べ物を食べることができるのです。